小5の女の子の母親そらです。 はじめての中学受験、去年は塾があわずいろいろと 悩みましたが、今は新天地でまったり教えてもらっています。 人生修行だとますます思うこのごろを書いています。
未分類

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年09月17日

■ようやく更新です。
なんだかまたいろいろありました。
塾の先生が突然やめてしまったり
塾の体制が突然変わったり.....。
でも去年と違うのは私が落ち着いていることです。
去年はツキモノにつかれたように仕事も友人関係も
親子関係も最悪でした。
今年の7月ぐらいまで実は引きずっていたのかもしれません。
私は鬱だと思っていましたが、
適応障害という症状らしいです。メンタル系の雑誌を見ていたら
その症状にそのままあてはまっているので、まあそうなんだろうなあと。そのストレスが起きてから3ヶ月以内に発症してそのままストレスから遠ざかると6ヶ月以内には収まるそうで、ああやっぱりなあって
思えます。自分は強いと思っていましたが案外弱いんですね.....。
スポンサーサイト

2007年08月10日

■夏季講習
連日の夏期講習に親子ともどもストレスがたまりがちです。
集団塾とはいえ生徒は二人になり他の教科の場合は
一人になるので個別塾の様相です。
算数の割合に苦戦しているらしく先生が真横について
つきっきりで教えてもらっているそうです。
それにしてもなんでこんなに算数がダメなんだろう。
やらなかったわけじゃないけど、こんなに苦戦するのは
やっぱり頭が算数脳じゃないからなんだろうか。
同じクラスの女の子はすぐに算数が理解できるらしく
スイスイと問題を解いてはるか彼方へ行ってしまうらしい。
反面国語は苦手だそうだ。その算数頭をうちの子にも分けてほしい。

2007年07月20日

■転塾先にて
「○さん(子供名前)はじめはほとんど授業(算数)を理解できていないようでした。?マークが頭に飛んでいました。」これは転塾先で
先生に言われた言葉です。
「最近はだいぶ理解できているようですよー(笑)」と言われて
去年のあの壮絶なバトルや、サピのテキストをひたすらコピーして
何回もやらせていた自分の苦労がなんにも実を結んでいない現実を
つきつけられてボー然としたものです。
これが合わない塾に子供を通わせた私への罰なんだろうか......。

2007年07月19日

■とりあえず自己紹介
中学受験を目指す小5の女の子を持つ母親「そら」です。
受験を決めたのは、そう甘い考えからでした。
私の高校受験は偏差値輪切り!だったので校風とかそんなの知ったこっちゃない状態で、入ってから校風を知る!驚き!でした。
とりあえず共学でと、それだけ。

でも都内はいろんな私立中学があるじゃないか!自分で選べるなら
選んだほうが悔いが残らないはず。なんてその後の展開も考えず、
新4年からサピへ子供を入れてみたものの.....。サピがどんな塾かさんざんネットに書いてあるはずなのに、それも読まずただ家から通いやすいの基準だけで子供を地獄に叩き込んでしまったのは、そう愚かな私です。

2007年07月19日

■なんだか気分は
自由だあー!かなあ。
だいぶちまちま書いてきた日記の中には
恥ずかしい記述もあるのでそれを全部忘れて!なんて
思うけど、一応コメント覧にここのリンクは貼っておこうかな。
更新はできないけど、コメント覧はまだ生きているし。

 | Blog TOP | Next >>

プロフィール

そら

Author:そら
以前のブログは更新できなくなってしまったので
こちらで再スタートを切ってます。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。